世界のジルコニウム(生産量の推移)
 北海道札幌市「個別指導の学習塾ノックス」公式サイト

NOCS !


世界のジルコニウム(生産量の推移)

<2011/07/07更新>
 世界のジルコニウムについて、USGS(米地質調査所)発表の資料をもとに表とグラフにまとめました。
 ジルコニウム(元素記号:Zr)は、ジルコニウムケイ酸塩鉱物やジルコン(ZrSiO4)から産出されます。ジルコンは約50対1の割合で、ジルコニウムとハフニウムを含みます。ジルコンは、チタン鉱物、イルメナイト、ルチル、スズ鉱物の採掘や加工における副産物または副生成物です。ジルコンは主要な最終用途として、耐火物、鋳物砂、セラミック、天然宝石に使用されています。ジルコニウムは、核燃料被覆、腐食環境、熱交換器、配管に使用されています。ハフニウムは原子力制御棒、ニッケル基超合金、プラズマアーク金属切断、高温セラミックス用ノズルに使用されています。

■ 世界のジルコニウム(国別生産量の推移)

(単位・・・トン) 1995年 2000年 2005年 2010年 埋蔵量
オーストラリア  510 400 445 481 23,000
南アフリカ    250 400 305 390 14,000
中国       15 15 17 140 500
インドネシア   60
ウクライナ    60 65 35 35 4,000
インド      18 19 20 31 3,400
ブラジル     15 19 35 18 3,400
アメリカ    withheld 100withheldwithheld 3,400
その他      29 23 20 30 5,000
合計(四捨五入) 897 1,040 880 1,190 56,000
※空欄部分は極少または「その他」に含みます。
(出典) USGS「Mineral Commodity Summaries(鉱物商品概要)」

 
  「世界の鉱工業・エネルギー」(一つ上のページ)に戻る。
 

* Copyright : (C) NOCS , ALL RIGHTS RESERVED. *