世界のストロンチウム(生産量の推移)
 北海道札幌市「個別指導の学習塾ノックス」公式サイト

NOCS !


世界のストロンチウム(生産量の推移)

<2011/07/07更新>
 世界のストロンチウムについて、USGS(米地質調査所)発表の資料をもとに表とグラフにまとめました。
 ストロンチウム(元素記号:Sr)は一般的に、自然界の全ての火成岩のうち平均0.034%しか含まれていません。しかしながら、天青石(ストロンチウム硫酸塩)とストロンチアナイト(炭酸ストロンチウム)には実用化できる十分な量が含まれています。ストロンチウムは炭酸塩の形で最も頻繁に使用されていますので、ストロンチアナイトの方が便利です。しかし、天青石の方が十分な大きさの堆積鉱床があるので、採掘施設の開発という点では魅力的です。
 ストロンチウムの用途として、花火や信号(30%)、フェライトセラミック磁石(30%)、マスター合金(10%)、顔料および充填剤(10%)、亜鉛の電解製造(10%)、その他(10%)に使用されています。

■ 世界のストロンチウム(国別生産量の推移)

(単位・・・トン) 1995年 2000年 2005年 2010年 埋蔵量
中国       35,000200,000140,000200,000
スペイン     12,000130,000160,000180,000
メキシコ     71,500157,000115,214 30,000
アルゼンチン   5,400 3,000 6,700 5,500
モロッコ     2,700 2,700
イラン      20,000 2,000 7,500 2,000
パキスタン    1,500 600 2,000 1,700
トルコ      25,000 25,000 60,000
合計(四捨五入)170,000520,000494,000420,0006,800,000
※空欄部分は極少または「その他」に含みます。
(出典) USGS「Mineral Commodity Summaries(鉱物商品概要)」

 
  「世界の鉱工業・エネルギー」(一つ上のページ)に戻る。
 

* Copyright : (C) NOCS , ALL RIGHTS RESERVED. *