世界の銀(生産量の推移)
 北海道札幌市「個別指導の学習塾ノックス」公式サイト

NOCS !


世界の銀(生産量の推移)

<2011/07/07更新>
 世界の銀について、USGS(米地質調査所)発表の資料をもとに表とグラフにまとめました。
 銀(元素記号:Ag)は何千年もの間、装飾品や道具、貿易、通貨に使用されています。純粋な銀は、全ての金属の中で、最も白く、最も高い光反射率、最も高い熱および電気伝導率を持っています。
 銀の工業的用途としては、鏡、電気・電子製品、酸化反応の触媒などがあります。ハロゲン化銀は感光性があるので写真撮影に使用されます。

■ 世界の銀(国別生産量の推移)

(単位・・・トン) 1995年 2000年 2005年 2010年 埋蔵量
ペルー      1,908 2,217 3,190 4,000120,000
メキシコ     2,400 2,338 2,890 3,500 37,000
中国       2,500 3,000 43,000
オーストラリア  920 1,720 2,050 1,700 69,000
チリ       1,400 1,500 70,000
ロシア      1,400
ボリビア     1,360 22,000
アメリカ     1,640 1,860 1,230 1,280 25,000
ポーランド    1,300 1,200 69,000
カナダ      1,195 1,246 1,120 700 7,000
南アフリカ    89
その他      6,540 8,230 3,500 2,600 50,000
合計(四捨五入) 14,600 17,700 19,300 22,200510,000
※空欄部分は極少または「その他」に含みます。
(出典) USGS「Mineral Commodity Summaries(鉱物商品概要)」

 
  「世界の鉱工業・エネルギー」(一つ上のページ)に戻る。
 

* Copyright : (C) NOCS , ALL RIGHTS RESERVED. *