世界のレアアース(希土類)(生産量の推移)
 北海道札幌市「個別指導の学習塾ノックス」公式サイト

NOCS !

>> おすすめ情報 >> スタディティップス >> 世界の鉱工業・エネルギー >> 世界のレアアース(希土類)

世界のレアアース(希土類)(生産量の推移)

<2011/07/07更新>
 世界のレアアース(希土類)について、USGS(米地質調査所)発表の資料をもとに表とグラフにまとめました。
 レアアース(希土類)はスカンジウム(scandium)、イットリウム(yttrium)、およびランタニド(lanthanides)で構成される17元素の比較的豊富なグループです。希土類元素はバストネサイト(bastnasite)、モナザイト(monazite)、ロパライト(loparite)、ラテライト(loparite)、イオン吸着粘土(ion-adsorption clays)などの鉱物から得られます。レアアースの主な用途は、化学触媒(22%)、冶金および合金(21%)、石油精製触媒(14%)、自動車用触媒コンバーター(13%)、ガラス研磨とセラミックス(9%)、コンピュータモニタの希土類蛍光体、照明、レーダー、テレビ、X線増感紙フィルム(8%)、永久磁石(7%)、電子機器(3%)、その他(3%)となっています。

■ 世界のレアアース(希土類)(国別生産量の推移)

(単位・・・トン) 1995年 2000年 2005年 2010年 埋蔵量
中国       48,000 73,000119,000130,00055,000,000
インド      2,700 2,700 2,700 2,700 3,100,000
ブラジル     400 200 550 48,000
マレーシア    448 450 750 350 30,000
アメリカ     22,200 5,000 13,000,000
CIS      6,000 2,000 19,000,000
スリランカ    120 120
コンゴ      11
その他      5 400 22,000,000
合計(四捨五入) 79,900 83,500123,000130,000110,000,000
※空欄部分は極少または「その他」に含みます。
(出典) USGS「Mineral Commodity Summaries(鉱物商品概要)」

 

■ 世界のイットリウム(国別生産量の推移)

(単位・・・トン) 1995年 2000年 2005年 2010年 埋蔵量
中国       1,274 2,300 6,000 8,800220,000
インド      55 55 55 55 72,000
ブラジル     15 8 15 2,200
マレーシア    8 11 15 4 13,000
CIS      60 26
スリランカ    2 2 240
南アフリカ    14
タイ       1
コンゴ      1
アメリカ     120,000
その他      17,000
合計(四捨五入) 79,900 2,400 6,080 8,900540,000
※空欄部分は極少または「その他」に含みます。
(出典) USGS「Mineral Commodity Summaries(鉱物商品概要)」

 
  「世界の鉱工業・エネルギー」(一つ上のページ)に戻る。
 

* Copyright : (C) NOCS , ALL RIGHTS RESERVED. *