世界の雲母(生産量の推移)
 北海道札幌市「個別指導の学習塾ノックス」公式サイト

NOCS !


世界の雲母(生産量の推移)

<2011/07/07更新>
 世界の雲母について、USGS(米地質調査所)発表の資料をもとに表とグラフにまとめました。
 雲母(mica、マイカ)は、層状または板状の結晶をもつ珪酸塩鉱物で、薄くはがれるのが特徴です。商業的に重要な雲母は、白雲母(muscovite)と金雲母(phlogopite)です。
 マイカシートは不透明、弾力性、反射、屈折、誘電体、化学的に不活性、絶縁、軽量、親水性などの特徴があります。電気、光、湿気、および極端な温度にさらされても雲母は安定しています。用途としては、半田ごての絶縁体や、最近では塗料の材料にも使用されています。

■ 世界の雲母(スクラップ、フレーク)(国別生産量の推移)

(単位・・・千トン) 1995年 2000年 2005年 2010年
ロシア      100 100 100
フィンランド   68
アメリカ     108 101 78 53
韓国       44 30 50 50
フランス     10 20
カナダ      18 17 18 15
ブラジル     7 5 5 4
インド      1 2 4 4
ノルウェー    3
その他      41 35 29 30
合計(四捨五入) 242 290 290 350
※空欄部分は極少または「その他」に含みます。
(出典) USGS「Mineral Commodity Summaries(鉱物商品概要)」

 

■ 世界の雲母(シート)(国別生産量の推移)

(単位・・・トン) 1995年 2000年 2005年 2010年
インド      2,100 3,500 3,500 3,500
ロシア      1,500 1,500 1,500 1,500
その他      200 200 200 200
合計(四捨五入) 3,800 5,200 5,200 5,200
(出典) USGS「Mineral Commodity Summaries(鉱物商品概要)」

 
  「世界の鉱工業・エネルギー」(一つ上のページ)に戻る。
 

* Copyright : (C) NOCS , ALL RIGHTS RESERVED. *