世界のゲルマニウム(生産量の推移)
 北海道札幌市「個別指導の学習塾ノックス」公式サイト

NOCS !


世界のゲルマニウム(生産量の推移)

<2011/07/07更新>
 世界のゲルマニウムについて、USGS(米地質調査所)発表の資料をもとに表とグラフにまとめました。
 ゲルマニウム(元素記号:Ge)は、主に亜鉛鉱物処理の副産物として得られます。硬く、灰白色の金属光沢で、ダイヤモンドと同じ結晶構造をもち、ガラスのようにもろい。重要なのは、ゲルマニウムは半導体であり、ゲルマニウムトランジスタの開発は固体エレクトロニクスの扉を大きく開きました。1950~1970年代前半にかけてゲルマニウム市場は高まりましたが、その後は高純度シリコンがトランジスタ・ダイオード・整流器に使われるようになりました。一方、光ファイバ通信網・赤外線ナイトビジョンシステム・重合触媒においてゲルマニウム需要が劇的に増加しました。

■ 世界のゲルマニウム(国別生産量の推移)

(単位・・・kg) 1995年 2000年 2005年 2010年 埋蔵量
中国       80,000
ロシア      5,000
アメリカ     10,000 23,000 4,500 4,600450,000
その他      35,000 48,000 85,500 30,000
合計(四捨五入) 45,000 71,000 90,000120,000
※空欄部分は極少または「その他」に含みます。
(出典) USGS「Mineral Commodity Summaries(鉱物商品概要)」

 
  「世界の鉱工業・エネルギー」(一つ上のページ)に戻る。
 

* Copyright : (C) NOCS , ALL RIGHTS RESERVED. *