世界の長石(生産量の推移)
 北海道札幌市「個別指導の学習塾ノックス」公式サイト

NOCS !


世界の長石(生産量の推移)

<2011/07/07更新>
 世界の長石について、USGS(米地質調査所)発表の資料をもとに表とグラフにまとめました。
 長石は様々な量のカルシウムやカリウム、ナトリウムを含むアルミノケイ酸塩です。長石の主な用途はガラスやセラミックスです。ガラス製造において、長石は硬度・耐久性・腐食耐性を向上させるアルミナを供給します。セラミックス製造では、長石はフラックスとして使用され、焼成してガラス相を形成する際にセラミック体のガラス化温度を下げます。

■ 世界の長石(国別生産量の推移)

(単位・・・千トン) 1995年 2000年 2005年 2010年 埋蔵量
イタリア     1,600 2,600 2,500 4,700
トルコ      400 1,200 2,200 4,500
中国       2,000
フランス     300 600 650 650
韓国       320 330 540 630
タイ       590 543 1,000 620
日本       57 52 1,000 600
スペイン     225 425 450 580
アメリカ     880 790 750 570
ポーランド    300 550
イラン      250 500
サウジアラビア  500
マレーシア    450
チェコ      400 440 29,000
メキシコ     140 334 350 440
インド      65 110 150 410 38,000
ポルトガル    120 120 320 11,000
アルゼンチン   61 220
エジプト     350 180 5,000
ベネズエラ    170 160 180 170
ドイツ      350 460 500 150
ブラジル     145 240 150
南アフリカ    100
コロンビア    100
ノルウェー    100 75
ウズベキスタン  70 70
ロシア      55
その他      643 995 1,110 750
合計(四捨五入) 6,110 9,280 12,900 20,000 Large
※空欄部分は極少または「その他」に含みます。
(出典) USGS「Mineral Commodity Summaries(鉱物商品概要)」

 
  「世界の鉱工業・エネルギー」(一つ上のページ)に戻る。
 

* Copyright : (C) NOCS , ALL RIGHTS RESERVED. *