世界のコバルト(生産量の推移)
 北海道札幌市「個別指導の学習塾ノックス」公式サイト

NOCS !


世界のコバルト(生産量の推移)

<2011/07/07更新>
 世界のコバルトについて、USGS(米地質調査所)発表の資料をもとに表とグラフにまとめました。
 コバルト(元素記号:Co)は、商業・工業・軍事など多種多様な用途があり、国家戦略的に使用される金属です。世界的に見ると、コバルトは主に充電式電池の電極やガスタービンエンジン用部品に使用されています。また、自動車のエアバッグ、石油化学の触媒、超硬合金、ダイヤモンド工具、耐腐食性・耐摩耗性合金、塗料、ワニス、インキ用乾燥剤、染料・顔料、ホーロー製品、高速度工具鋼 、磁気記録媒体、磁石、タイヤ、放射線療法などにも使用されます。

■ 世界のコバルト(国別生産量の推移)

(単位・・・トン) 1995年 2000年 2005年 2010年 埋蔵量
コンゴ      1,650 7,000 22,000 45,0003,400,000
ザンビア     5,000 4,600 9,300 11,000270,000
中国       1,300 6,200 80,000
ロシア      3,500 3,600 5,000 6,100250,000
オーストラリア  2,500 5,600 6,000 4,6001,400,000
キューバ     1,560 2,400 3,600 3,500500,000
カナダ      5,270 5,300 5,500 2,500150,000
ニューカレドニア 800 1,100 1,200 1,700370,000
モロッコ     1,600 1,500 20,000
ブラジル     1,200 1,500 89,000
その他      1,810 3,700 1,200 4,700740,000
合計(四捨五入) 22,100 33,300 57,900 88,0007,300,000
※空欄部分は極少または「その他」に含みます。
(出典) USGS「Mineral Commodity Summaries(鉱物商品概要)」

 
  「世界の鉱工業・エネルギー」(一つ上のページ)に戻る。
 

* Copyright : (C) NOCS , ALL RIGHTS RESERVED. *