世界の粘土(生産量の推移)
 北海道札幌市「個別指導の学習塾ノックス」公式サイト

NOCS !


世界の粘土(生産量の推移)

<2011/07/07更新>
 世界の粘土について、USGS(米地質調査所)発表の資料をもとに表とグラフにまとめました。
 世界には様々な種類の粘土があります。アタパルジャイト(Attapulgite)、ボールクレー(Ball Clay)、ベントナイト(Bentonite)、一般的な粘土(Common Clay)、ヘクトライト(Hectorite)、カオリン(Kaolin)、海泡石(Meerschaum)、パリゴルスカイト(Palygorskite)、耐火粘土(Refractory Clay,Fire Clay)、サポナイト(Saponite)、セピオライト(Sepiolite)、頁(けつ)岩(Shale)など、他にもたくさんあります。以下に、USGS資料に掲載されているベントナイト、フラー土、カオリンの生産量についてまとめした。

■ 世界のベントナイト(国別生産量の推移)

(単位・・・千トン) 2001年 2005年 2010年
アメリカ     4,290 4,710 4,000
トルコ      925 1,050
ギリシャ     1,150 950 860
メキシコ     426 520
ドイツ      500 410 380
ウクライナ    320
ブラジル     227 245
スペイン     150 165
イタリア     500 150
チェコ      250 200 120
CIS      750 750
その他      3,560 2,450 2,400
合計(四捨五入) 10,500 11,700 10,000
※空欄部分は極少または「その他」に含みます。
(出典) USGS「Mineral Commodity Summaries(鉱物商品概要)」
●ベントナイトは土木、鋳物、農業、ペット分野で使用される他、プラスチック、セラミック、吸着剤、紙、化粧品などにも使用されています。

 

■ 世界のフラー土(国別生産量の推移)

(単位・・・千トン) 2001年 2005年 2010年
アメリカ     2,890 2,990 2,300
スペイン     720 830
メキシコ     107 110
イタリア     30 3
ドイツ      500 500
イギリス     140 140
その他      360 1,120 285
合計(四捨五入) 3,890 5,610 3,500
※空欄部分は極少または「その他」に含みます。
(出典) USGS「Mineral Commodity Summaries(鉱物商品概要)」
●フラー土は吸着活性が強く、主に油脂の精製と脱色に使用されます。日本の酸性白土も同種の粘土で、胃酸を抑える内服薬にも使用されます。

 

■ 世界のカオリン(国別生産量の推移)

(単位・・・千トン) 2001年 2005年 2010年
アメリカ     8,110 7,800 5,700
ウズベキスタン  2,640 5,550
ドイツ      3,770 3,750 3,250
チェコ      5,500 4,000 2,950
ブラジル     1,800 2,200 2,750
イギリス     2,400 2,400 1,850
ウクライナ    1,150
イタリア     10 1,000
トルコ      580 850
スペイン     350 470
メキシコ     877 80
CIS      5,800 6,240
韓国       2,380 2,770
ギリシャ     60 60
その他      14,300 13,700 8,400
合計(四捨五入) 44,100 44,700 34,000
※空欄部分は極少または「その他」に含みます。
(出典) USGS「Mineral Commodity Summaries(鉱物商品概要)」
●カオリンは花崗岩が風化してできた粘土です。ファンデーションなどの化粧品、傷薬や胃薬などの医薬品、セラミック、鉛筆の芯、製紙用フィラーなどに使用されます。

 
  「世界の鉱工業・エネルギー」(一つ上のページ)に戻る。
 

* Copyright : (C) NOCS , ALL RIGHTS RESERVED. *