世界のホウ素(生産量の推移)
 北海道札幌市「個別指導の学習塾ノックス」公式サイト

NOCS !


世界のホウ素(生産量の推移)

<2011/07/07更新>
 世界のホウ素について、USGS(米地質調査所)発表の資料をもとに表とグラフにまとめました。ホウ素(元素記号:B)はホウ酸(H3BO3)やホウ砂(Na2B4O5(OH)4・8H2O)の状態で身近に存在し、教育現場でも理科実験(結晶やスライム作り)で利用されています。2010年のアメリカでは、ホウ素の工業的利用として、耐熱ガラス・セラミックが78%、石鹸・洗剤・漂白剤が4%、農業が4%、エナメル・つや出しが3%、その他が11%となっています。

■ 世界のホウ素(国別生産量の推移)

(単位・・・千トン) 1995年 2000年 2005年 2010年 埋蔵量
トルコ      1,100 1,400 1,850 1,200
アルゼンチン   140 360 820 800 2,000
チリ       90 340 590 650 35,000
ロシア      1,000 400 400 40,000
ペルー      27 30 9 170 4,000
中国       140 105 140 150 32,000
ボリビア     10 35 68 92
カザフスタン   80 30 30 30
イラン      1 4 3 2 1,000
アメリカ     800 1,070 1,150withheld40,000
合計(四捨五入) 2,400 4,370 4,910 3,500210,000
(出典) USGS「Mineral Commodity Summaries(鉱物商品概要)」

 
 
  「世界の鉱工業・エネルギー」(一つ上のページ)に戻る。
 

* Copyright : (C) NOCS , ALL RIGHTS RESERVED. *