世界のビスマス(生産量の推移)
 北海道札幌市「個別指導の学習塾ノックス」公式サイト

NOCS !


世界のビスマス(生産量の推移)

<2011/07/07更新>
 世界のビスマスについて、USGS(米地質調査所)発表の資料をもとに表とグラフにまとめました。ビスマス(元素記号:Bi)は主に鉛鉱石を処理する際に副産物として得られます。金属光沢があり、銀白色で七色に変色します。重金属の中で最も重く、唯一毒性がありません。ビスマスは半田合金や金属添加物、医薬品、原子研究などに使用されています。

■ 世界のビスマス(国別生産量の推移)

(単位・・・トン) 1995年 2000年 2005年 2010年 埋蔵量
中国       700 2,500 3,000 5,100240,000
ペルー      1,000 1,000 960 1,100 11,000
メキシコ     900 1,000 1,100 1,000 10,000
ボリビア     740 60 150 10,000
カザフスタン   25 130 160 140 5,000
カナダ      126 202 190 100 5,000
日本       177 155
その他      110 150 160 10 39,000
合計(四捨五入) 3,040 5,880 5,600 7,600320,000
※空欄部分は極少または「その他」に含みます。
(出典) USGS「Mineral Commodity Summaries(鉱物商品概要)」

 
 
  「世界の鉱工業・エネルギー」(一つ上のページ)に戻る。
 

* Copyright : (C) NOCS , ALL RIGHTS RESERVED. *