世界のアスベスト(生産量の推移)
 北海道札幌市「個別指導の学習塾ノックス」公式サイト

NOCS !


世界のアスベスト(生産量の推移)

<2011/07/07更新>
 世界のアスベスト(石綿)について、USGS(米地質調査所)発表の資料をもとに表とグラフにまとめました。アスベスト(asbestos)は繊維状鉱物の総称で、以下の6種類があります。クリソタイル(chrysotile)、クロシドライト(crocidolite)、アモサイト(amosite)、アンソフィライト(anthophyllite asbestos)、トレモライト(tremolite asbestos)、アクチノライト(actinolite asbestos)。アスベストは耐久性、耐熱性、絶縁性、化学的安定性に優れ、低コストであるために、建設資材や車両など幅広く使用されてきました。しかし、アスベスト繊維を長期間吸い込むことが肺ガンや中皮腫の誘因とされ、すでに日本を含め50カ国以上の国々で製造、輸入、使用等が禁止または制限されています。

■ 世界のアスベスト(国別生産量の推移)

(単位・・・千トン) 1995年 2000年 2005年 2010年
ロシア      800 750 925 1,000
中国       240 260 520 350
ブラジル     190 170 195 270
カザフスタン   250 125 395 230
カナダ      511 340 355 100
ジンバブエ    150 200
南アフリカ    95
アメリカ     9 5
その他      155 121 84 20
合計(四捨五入) 2,400 1,900 2,400 1,970
※空欄部分は極少または「その他」に含みます。
(出典) USGS「Mineral Commodity Summaries(鉱物商品概要)」

 
 
  「世界の鉱工業・エネルギー」(一つ上のページ)に戻る。
 

* Copyright : (C) NOCS , ALL RIGHTS RESERVED. *